ガバナー挨拶

ライオンズクラブ国際協会

ライオンズクラブ国際協会337-B地区 ガバナー挨拶

この度 101 回国際大会が米国ネバダ州ラスベガス MGM グランドホテルに で開かれ、最終日の7月4日前ガバナーL 淵野から、名札に付けられていたエ レクトのリボンを取って頂きガバナーに就任しました。周りからガバナー就任 バンザイで、我に返り重責を今更ながらに感じ取ったところでした。就任した からには粉骨砕身頑張る所存です。
私のガバナーとしてのスローガンは「一人ひとりが一所懸命に We Serve」 、モットーは「切磋琢磨で快汗の奉仕」を掲げました。
一所懸命とは、一心に、必死にすることです、ライオンズクラブの方針は 、我々は奉仕するです。一人ひとりクラブ会員が必死になって奉仕に取り組み 、そしてクラブ会員と切磋琢磨して、快い汗をかき奉仕活動に専念して初期の 目標に向ってほしいとの思いです。
今年度は、糖尿病予防啓発と LCIF100キャンペーンが重要な課題となって おります。
もとより浅学菲才の身でありますが、これまで確固たるライオンズクラブの 337B 地区の歴史を築かれてきた、名誉顧問はじめ、先輩諸氏のご指導をいた だきながら、背負わされた337B地区未来のために精進してまいりたいと思 っております。
どうぞこれから一年間キャビネット幹事 L 仲西、キャビネット会計 L 野口 ともどもに一致協力してキャビネットを運営してまいる所存でありますので、 ご支援とご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

 

ライオンズクラブ国際協会
337-B地区ガバナーL 中原 正勝